logo
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 大図まことハンカチ第二弾 | main | Print Textile Festival of cocca 2010 >>
夏の星座 komoriya for cocca


7月7日、七夕。

koumoriyaの主人、伊藤さんから
「幼稚園の為の壁画、宮沢賢治の銀河鉄道をモチーフに星の絵を描いたので見に来ます?」
のお誘いを受け、見に行ったのが、3月の半ば頃でした。
それから、伊藤さんの頭の中は☆でいっぱいだったと思います。

最初の打ち合わせで、伊藤さんが持ってきてくれたのは、
イメージとなる絵。
そこから、原寸大の絵を描いてくれて、
そのイメージに近づけるために、いろんな方の技術と、努力が一つとなり、
素晴らしい布ができあがりました。

伊藤さん、奥田染工場の皆様、型屋のアルタカさん、竹を手配してくれたchibiの芳賀さん、
ありがとうございました。

皆様、是非、ごらんくださいませ。

プロフィール

 

    伊藤 弘二

 

    東京藝術大学大学院美術研究科修士課程修了後、

    美術表現延長の場としてのアンティークショップ

    “Koumoriya”を2002より運営。

    並行して、在学中より続けている壁画制作では、

    PARCOTSUMORI CHISATO等のアパレル関係の

    仕事、また絵画制作では、映画の美術のデザインや

    制作などを手掛ける。







『コウモリヤ for cocca〜七夕新作生地〜』

 

スタンダードなボーダー柄・ドット柄でありながら、伊藤さんが描いた画の
深みを大切にしたい、再現したいという所から、今回生地にプリントする
過程も大事にしました。

また、再現といっても、キャンバスに描くのとシルクスクリーン捺染とでは、
違う点が多々あります。その違いや、歩みを、伊藤さんと打ち合わせの中で
話し合い、伊藤さんも、布づくりの為の画を描いくれました。

通常の布づくりではなかなか、用いない重ねて重ねてという技法により、
一枚の布に奥行きを感じてもらえるものとなっていると思います。

画にはキャンバスや絵の具の良さ、布には生地感と染料・顔料の面白さと、
それぞれの特徴が現れていると思います。

 


流星ボーダー/
5040/m

ボーダーの先に輝く☆を結ぶとさそり座が現れます。

一番輝く☆は一等星のアンタレスです。

ピューターとゴールドのボーダーもポイントです。

 

 


星ドット
5460/パネル(70センチ)

グランドの色を染料で複雑に描いて表現しています。
夜バージョンは、綺麗なブルーやマゼンダ、イエロー、グリーンの染料を
ローラーで描き、上からミッドナイトブルーブラックを刷毛で染めています。
伊藤さんにも参加して頂きました!

 

上にのっかている☆は、顔料(金粉、パール使用)のスクリーン捺染です。
凸凹を表現するために下地に、透明顔料糊でプリントしています。
スキージではなく刷毛を使って、すりこんでいます。
これによって、フラットではく凹凸のある自然な印象になります。



 

昼バージョンの☆には、パール顔料に何ともいえない色味を加えています。
本当は、この上にシルバーの☆をのせる予定でしたが、
あまりにもパール色が綺麗だったので、本番中に急遽シルバーをやめました。

 

星を結ぶ星座は、わし座の(ひこぼし)一等星は、アルタイルと、
こと座の(おりひめ)一等星は、ベガです。



展示期間中、sunshin to youによる
夏の星座のアクセサリーも展示販売してます。
星座を身につけてみてはいかがでしょう。


 

 

スポンサーサイト